弁護士 宮崎慎吾(みやざき しんご)

パートナー

積極的に知識を身につけ、経験を積むために、日々努力していきたい。

弁護士 宮崎慎吾

弁護士の仕事は紛争を解決することであり、紛争を適切に解決するためには、依頼者がどのような解決を求めているのかを正確に理解し、その解決に向けて、どのような方法を用いることが適切であるかを的確に判断、実行する力が必要であると考えています。

依頼者の話から紛争解決に必要な情報を得るためには、あらゆる分野に関する知識、経験が必要です。法律知識の研鑽を怠らないのは当然ですが、その他の分野についても、積極的に知識を身につけ、経験を積むために、日々努力していきたいと思っています。

弁護士登録

2006年(司法修習第59期)

重点取扱分野

会社法、独禁法、企業再生・倒産(破産、民事再生)、個人債務整理(個人破産、個人民事再生、任意整理)、家事事件(相続・遺言、成年後見等)、一般民事事件(交通事故、金銭消費貸借等)、刑事事件(被疑者弁護、公判弁護、少年事件)

経歴

2002年 京都大学法学部卒業
2004年 司法試験合格
2006年 弁護士登録(司法修習第59期)
2012年 中本総合法律事務所パートナー就任

弁護士としての座右の銘

的確な判断、実行

趣味

音楽鑑賞・演芸鑑賞

法律情報

当サイト内「法律情報」に掲載した記事です。

空き家問題について 2018年8月

限定承認手続き 2013年8月