弁護士 堂山 健(どうやま けん)

アソシエイト

ゼネラリストかつスペシャリストとして

2014年に弁護士となってから、縁あって分野を問わず国内外の様々な問題を取り扱ってきました。変化する社会において次々と生まれる新しい問題についても、迅速・適正な解決が図れるよう、日々努力しております。

弁護士登録

2014年(司法修習67期)

重点取扱分野

民事・商事一般、国際法務

経歴

2008年 洛南高校 卒業
2012年 東京大学法学部 卒業
2014年 司法研修所修了・弁護士登録(大阪弁護士会)
2019年 カリフォルニア大学バークレー校法科大学院(法学修士課程)修了
2020年 カリフォルニア州弁護士登録
2019年 – 2020年 Marshall Suzuki Law Group, LLP(サンフランシスコ)勤務(出向)

言語

日本語・英語

著作

「裁判所を利用したインターネット上の発信者情報の開示請求制度の日米比較─改正プロバイダ責任制限法・令和3年3月18日最高裁決定・米国ディスカバリー制度─ 」経営実務法研究 24号 51頁(日本経営実務法学会、2022)

「刑事弁護レポート 保釈直後の再逮捕で勾留請求が却下され、検察の準抗告が棄却された事例」季刊刑事弁護106号80頁(現代人文社、2021)

趣味

囲碁

法律コラム

当サイト内「法律コラム」に掲載した記事です。

米国における発信者特定方法の概説 2020年8月