弁護士 黒栁 武史(くろやなぎ たけし)

パートナー

紛争の「根本的解決」を志向する

弁護士 黒栁武史

我々の仕事は、まずは依頼者が直面する紛争を法的に解決することであり、そこにおける最良の解決策を検討し、解決のために迅速に行動することだと考えています。

ただ、その際、表面的な解決にとどめないように、事象の本質的な原因を洞察し、なぜ紛争が生じたのか、その意味は何か、そして未来に向けて一連の事象をどう活かすべきかまで含め、依頼者とともに考え、紛争の根本的な解決へと導けるように尽力したいと考えています。

そのために、法的素養の涵養に努めるのはもちろんのこと、組織や社会、そして人間そのものに対する探究を深めていきたいと思っております。

弁護士登録

2007年(司法修習第60期)

重点取扱分野

企業法務、労働事件(主に使用者側)、建築紛争、家事事件(相続・遺言、成年後見等)、一般民事事件、刑事事件

経歴

2004年 立命館大学法学部卒業
2006年 関西学院大学法科大学院卒業
2007年 弁護士登録(司法修習第60期)
2013年 中本総合法律事務所パートナー就任

弁護士としての座右の銘

真摯であること

趣味

読書

法律情報

弁護士ドットコムニュース掲載記事(一部)

「有休義務化」を回避する裏ワザ、企業の悪用は認められるか?

パワハラの深刻な「間接被害」 目撃者にも悪影響、慰謝料が認められる可能性

「断ったら取引停止かも」お得意様からのセクハラ、双方の会社はどう対応すべきか

企業からの「お祈りメール」がアリなら、学生の内定辞退もメールだけでOK?