弁護士紹介

HOME > 弁護士一覧 > 弁護士詳細(佐藤 碧)

佐藤 碧 さとう みどり

パートナー(東京事務所)

理想とするのは、人間として信頼される法律家

法律問題、とひとことで言っても、その内容は様々です。最先端の会社法務、渉外事件から、身近な家事事件、相隣関係のトラブルまで、あらゆる種類の問題が常に発生しています。その中での唯一の共通点は、すべての法律問題が人間の社会生活から不可避的にうまれる、というところです。
したがって、法律家は幅広く情報や知識、技術を持つだけではなく、人に身近に接し、その人の立場を理解することのできる人間性を備えていなければなりません。
法律家の仕事は、決して机の上だけで出来るものではありません。人と会って話す、その人の話に耳を傾けることから始まります。
弁護士として何よりも必要な能力は、敵味方を問わず、人に信頼される力であると考えています。そのために努力を惜しまず、法律家としての、また人間としての能力の涵養に努めたいと思っています。

弁護士登録:

平成19年(司法修習第60期)

重点取扱分野:

景品・表示規制をはじめとする消費者法全般、民事、商事一般、少年事件、労働事件

経歴:

兵庫県出身。私立神戸海星女子学院高等学校卒業、京都大学法学部、同法科大学院卒業。
平成19年弁護士登録(司法修習第60期)。
平成23年11月〜平成26年12月 任期付公務員制度により課長補佐として消費者庁に出向。消費者制度課において消費者の財産被害に係る行政手法の検討等、表示対策課において景品表示法違反事件の調査等を行う。

弁護士としての目標:

まっすぐ。

趣味:

読書、音楽鑑賞

所長

パートナー

アソシエイト