弁護士紹介

HOME > 弁護士一覧 > 弁護士詳細(朝倉 舞)

朝倉 舞 あさくら まい

アソシエイト

客観的分析と、当事者の気持ちになって考える心を忘れずに、自分を磨いていきたい

弁護士の仕事は多岐にわたりますが、どんな仕事でも、あらゆる観点から客観的分析を行うことが、弁護士の役割の一つだと思います。この分析力を磨くために、法的知識をはじめ、日々様々な知識や経験を身に着けていきたいです。
一方で、弁護士には、依頼者の気持ちになって考えるという、熱い気持ちを持つことも必要だと思っております。
依頼者の本心を引き出して、依頼者の本当に求めることが何なのか、どのような方法が最善かを考え、実現することで、「依頼」に応える。そのために、依頼者との対話や、当事者の気持ちに思いを馳せることを大切にしていきたいです。
そして、熱い心と冷静な頭をもって仕事に励み、一人でも多くの方に信頼していただけるような弁護士を目指してまいります。

弁護士登録:

平成22年(司法修習第63期)

重点取扱分野:

企業法務・民事一般、知的財産権

経歴:

同志社大学卒業、同志社大学法科大学院卒業
平成22年弁護士登録(司法修習第63期)
平成28年度~ 大阪府河内長野市・富田林市・羽曳野市・松原市・南河内郡太子町・南河内郡河南町 行政不服審査会委員
平成28年10月~ 非常勤裁判官(民事調停官)

座右の銘:

初心忘るべからず

趣味:

芸術鑑賞・旅行等

法律情報:

当サイト内「法律情報」に掲載した記事です。

所長

パートナー

アソシエイト